既卒者として就活する前に知っておきたいこと

既卒者として就活する前に知っておきたいこと

足

既卒とは

「既卒」は既卒者とも呼ばれ、新卒や第二新卒とよく比較されます。既卒とは、社会人経験がない人のことを指し、高校や専門学校、大学などの学校を卒業して一度も就職をしたことのない状況の人は一般的に既卒者と呼ばれます。卒業して1~3年以内の人が既卒者として呼ばれることが多いです。日本の就活では、既卒よりも新卒の方が採用される可能性が高いため、最近では就活が上手くいかなかった大学生がわざと単位を落として留年することもあります。しかし、既卒は多くの大学生が思っているよりも就職が困難ではありません。既卒の就活事情について把握しておきましょう。

広がる既卒の就職チャンス

近年、既卒者の就職チャンスは広がりつつあります。新卒限定ではなく既卒者を採用する企業が増えているのです。そこには2つの理由があります。1つ目の理由が「人員を確保できていない企業が増えているため」です。少子化の影響や企業増加の影響など様々な要因がかさなって人員を確保できていない企業は増えています。そのため、既卒者も積極的に採用している企業が増えていることが現状です。2つ目の理由は「新卒採用の競争が激化しているから」です。新卒者は零細企業から大企業まで幅広い企業が欲しがっている人材です。しかし、それにより新卒者を採用できる企業が減っており、特に中小企業では新卒者ではなく既卒者を採用対象にするところが増えてきています。

就活でアピールすべきこと

採用する企業が増えているとはいっても、やはり新卒者の方が採用される可能性が高いことが現実ではあります。では、既卒者はどのように会社にアピールすれば良いのでしょうか。企業が既卒者を採用するにあたりチェックしているポイントの1つは、その人の「素直さ」です。会社に入れたときに素直に上司の指示やアドバイスを聞くことができ、新入社員として育てやすいかどうかがチェックされます。2つ目のポイントは「意欲が高く熱意があるかどうか」です。どんな企業であれ、やる気のない人材を採用する気にはなれません。やる気と熱意だけは他の就活者にも負けないようにしておきましょう。また、その熱意を面接で上手くできるかどうかも大切な要素になります。3つ目のポイントが「社風にフィットするか」という点です。企業はチームワークで仕事をこなしています。会社で一緒に働いていて楽しそうかどうかという点は大きな要素になります。自分の人柄を上手くアピールできるように工夫しましょう。

さらに就職のチャンスを増やすには

既卒者としてさらに就職のチャンスを増やすには2つのポイントを意識することが大切です。1つ目のポイントは「視野を広げて就活を行うこと」です。なかなか就職できない人の特徴として、視野がせまいことが挙げられます。「この企業じゃなきゃダメだ」「この待遇でなければだめだ」というように、就職の制限を自分でかけてしまっていて、就職できないケースが多くあります。あなたが思っている以上にあなたに合った会社は多くあります。自分で制限をかけずに視野を広く持って就活を行うことが大切になります。2つ目のポイントが、「主体的に行動すること」です。努力なくして満足いく就職はできません。自分で志望業界や企業について調べたり、気になることを企業に問い合わせてみたりといった行動が大切になります。既卒者という現実をしっかりと受け入れ、積極的に行動していくことが重要です。

就活で成功することは十分に可能

既卒者というと、ネガティブなイメージを持っている人も多くいますが、就活の知識を身につけて行動と努力を忘れなければ、就活に成功することは十分に可能です。

既卒でも採用されやすい業界

外食業界

既卒でも採用されやすい業界の1つが「外食業界」です。働くのに特別な資格が必要なく、人手不足になりやすい外食業界は多くの求人があり、既卒でも採用されやすいため有名です。

介護業界

「介護業界」も多くの求人があります。実際に既卒で介護業界に就職している人は多く、高齢化社会が進むにつれてさらに需要が高まっていく業界でもあります。人と接することが好きな人に向いている業界といえます。

IT業界

既卒でも採用されやすい業界の1つが「IT業界」です。IT業界は基本的に実力主義の社会です。そのため、実力さえあれば学歴に関係なく活躍することが可能です。これからの時代に必要不可欠なITのスキルを身につけることもできます。

旅館やホテル

観光地では特に求人が多い業界が「旅館やホテル」です。接客が好きな人には最適な業界といえます。旅館やホテルも人手不足が深刻化していて、既卒者の採用も積極的に行っています。特別な資格がいらない点も魅力です。